技を極める|ヴァンクリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸

2017年4月29日(土)〜8月6日(日) 京都国立近代美術館(岡崎公園内)

MENU

ニュース・トピックス

後期展示が始まりました

2017年6月20日

6月20日(火)より後期展示が始まりました。
本展の見どころのひとつでもあるハイジュエリーと現代日本の工芸作家の作品とのコラボレーションとして後期展示では、重要無形文化財「羅(ら)」「経錦(たてにしき)」保持者の北村武資氏がヴァン クリーフ&アーペルのハイジュエリーからインスピレーションを受けて制作した経錦の新作を初公開しています。これまでに制作された経錦4点と合わせた展示をお楽しみください。

※展示替え作品の情報は作品リストでご覧いただけます。


特別出品 <写真(左)右作品、写真(右)部分>
経錦裂地「緋緑織錦」 北村武資(1935– ) 平成29年 絹、経錦織 W. 71.0 cm
ヴァン クリーフ&アーペル

親子向けギャラリーツアーを行いました。

2017年6月12日

6月10日(土)、小学生のお子さんとその保護者の方を対象に、親子向けギャラリーツアーを行いました。午前と午後の2回、約20名あまりの方にご参加いただきました。 実は、展示室にはジュエリーだけでなく、かぶと虫やかまきり、竹の子など、不思議な明治時代の日本の工芸もたくさん展示されていて、画面上でジュエリーに宝石をはめる体験ができるゲームもあります。ご家族皆さんで楽しんでいただけるポイントがいろいろありますので、ぜひご来場ください。

記念レクチャーが開催されました。

2017年6月5日

6月3日(土)京都国立近代美術館・講堂にて、ニコラ・ボス氏(ヴァン クリーフ&アーペル プレジデント兼CEO)と藤本壮介氏(藤本壮介建築設計事務所 代表)による記念レクチャーが開催されました。過去にパリやニューヨーク、シンガポールで開催したヴァン クリーフ&アーペルの展覧会をはじめ、今回の京都での会場デザインを中心に、ジュエリーと建築という異なる分野ながらクリエーションについての共通する考え方など、1時間半お話しいただきました。
本展の記念レクチャーは、次回7月8日(土)名和光道氏(ヴァン クリーフ&アーペル デザイナー)が最終回となります。展覧会鑑賞の前後に、ぜひご参加ください。

『ぶらぶら美術・博物館スペシャル』で本展が紹介されます。

2017年5月23日

6月9日(金)午後7時~、BS日テレで放送の『ぶらぶら美術・博物館スペシャル』で「技を極める―ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸」展が紹介されます。是非ご覧ください!

ぶらぶら美術・博物館の公式サイト: http://www.bs4.jp/burabi/

「SPUR.JP」で「技を極める―ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸」が紹介されました。

2017年5月15日

辛酸なめ子の「アートセレブ入門」#18
京都国立近代美術館で始まった「技を極める ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸展」
https://spur.hpplus.jp/culture/namekoshinsan/

「技を極める―ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸」
夜間開館のお知らせ

2017年4月14日

「技を極める―ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸」展におきましては、金曜日に加え、土曜日も夜間開館を実施します。
また、7月・8月の金曜日、土曜日は午後9時まで開館時間を延長します。
この機会に是非ご来館ください。

開館時間:午前9時30分~午後5時
4月29日(土)から6月30日(金) の金曜日、土曜日は午後8時まで開館
7月1日(土)から8月5日(土)の金曜日、土曜日は午後9時まで開館
*入館は各閉館時間の30分前まで

記者発表会を開催しました

2017年1月30日

「技を極める―ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸」展の記者発表会を東京のフランス大使公邸で開催しました。
柳原正樹京都国立近代美術館長、ニコラ・ボス ヴァン クリーフ&アーペルプレジデント兼CEO、重要無形文化財 友禅 保持者の森口邦彦氏、会場デザインを担当する建築家の藤本壮介氏、担当学芸員の松原龍一氏より展覧会の紹介がありました。

会場には展覧会に先駆けて出品作品が展示されました。ポスター掲載の《フューシャクリップ》や森口邦彦氏の《友禅着物 雪舞》のほか、《二枚の葉のクリップ》は服部峻昇作《玉虫香合 桐文》と並べ日仏の技を対比。来場者の関心を集めていました。