技を極める|ヴァンクリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸

2017年4月29日(土)〜8月6日(日) 京都国立近代美術館(岡崎公園内)

MENU

見どころ

《スピリット オブ ビューティ フェアリー クリップ》

このたび、京都国立近代美術館では、「ヴァン クリーフ&アーペル」のハイジュエリーと日本の工芸を対比し、日仏の熟練技術の粋を紹介する「技を極める―ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸」を開催します。

ヴァン クリーフ&アーペルは、独自のスタイルと優れた技術で知られ、ハイジュエリー制作の分野で高く世界で評価されています。同社はハイジュエリーを中心とした展覧会を世界各国で開催しており、今年は京都での開催となります。

京都は、1200年以上昔から明治維新まで天皇が鎮座する都でした。それ故に、栄枯盛衰はありましたが、文化の中心であり雅な世界が繰り広げられ、衣食住に関連した最高級の品々が生み出されてきました。たとえば衣では、十二単や小袖、辻が花、能衣装など金襴を惜しげなく使った装束が作られています。これらの制作には現在の西陣のような織ものから染ものまで技術の粋が詰まった地域があり、熟練した職人の技と心意気があったからこそ様々な要求に応えることができました。このことは、フランスの首都パリで創業したヴァン クリーフ&アーペルにおいても同様です。熟練した職人が一子相伝のように技を伝える、これこそが国や時代を超えて共有できるもののひとつであると言っても過言ではありません。フランスを代表するハイジュエラーであるヴァン クリーフ&アーペルの「技」と長い歴史の中で育まれた日本工芸の「技」の対比や結びつきは新たな文脈を生み出すことと期待します。また、この展覧会が、フランスと日本、さらにパリと京都の文化交流と友好の証となることを祈念します。

  • 《ヴァルナ ヨットのミニチュア》
  • 《パンピーユ イヤリング》
  • 《藤図花瓶》
  • 《アールデコ ブローチ》
  • 《ヴァルナ ヨットのミニチュア》
  • 《パンピーユ イヤリング》
  • 《藤図花瓶》
  • 《アールデコ ブローチ》

《スピリット オブ ビューティ フェアリー クリップ》1941年、《ヴァルナ ヨットのミニチュア》1907年頃、《パンピーユ イヤリング》1923年 ヴァン クリーフ&アーペル コレクション Patrick Gries © Van Cleef & Arpels、並河靖之《藤図花瓶》(七宝)明治時代 京都国立近代美術館蔵 撮影:木村羊一、《アールデコ ブローチ》1930年頃 ヴァン クリーフ&アーペル コレクション Patrick Gries © Van Cleef & Arpels、十二代西村總左衞門《孔雀図》(部分)(染織)1900‐1910年 京都国立近代美術館蔵 撮影:木村羊一