技を極める|ヴァンクリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸

2017年4月29日(土)〜8月6日(日) 京都国立近代美術館(岡崎公園内)

MENU

image
女優の松雪泰子さんがナビゲート。
ヴァン クリーフ&アーペルのハイジュエリーと、超絶技巧が光る日本の伝統工芸―― フランスと日本の技を対比しながら、職人たちの熟練技術の粋をご案内します。

《プロフィール》

1972年、佐賀県生まれ。映画、TV、舞台、CMと幅広く活躍し、日本を代表する女優として高く評価される。2006年に日本アカデミー賞優秀主演女優賞、日刊スポーツ映画大賞主演女優賞、2008年に日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞。2016年12月から全国公開となった川端康成の不朽の名作「古都」を現代版として蘇らせた映画「古都」では、京都とパリを舞台に一人二役を演じ、伝統・文化・美を大切にする2つの都市の繋がりを感じながら撮影に挑んだ。

貸出価格|550円(税込)

所要時間|約30分

TEL:03-5771-4083(月~金、9:30~18:00)

メール:info@acoustiguide.co.jp